市長ブログ < 市サマーフェスティバル >

最終更新日 2019年8月19日

情報発信元 秘書広報課

PAGE-ID:8708

 


市サマーフェスティバル  令和元年8月19日

「第14回市サマーフェスティバル」が13日と18日に開催されました。

 

台風10号の影響で、残念ながら14日の「大型遊具運行」「屋台ストリート」は中止となり、15日の「花火大会」は18日に延期されました。

 

13日の「ふるさと踊り」「ヨサコイ」は、昨年から会場を武生中央公園に移し、「オープニングセレモニー」に続いて約1,400人の市民が華麗な踊りを披露しました。

 

18日の「花火大会」は日野川河川緑地で開かれ、オープニングの手筒花火やミュージック・スターマインなど約1万5,000発もの打ち上げ花火が夜空を彩り、観衆を大いに魅了しました。

 

市サマーフェスティバルの開催にご尽力を頂いた皆様にお礼申し上げます。

オープニング

オープニングセレモニー

ふるさと踊り

ふるさと踊り

花火大会

花火大会

 


IJU(移住)課  令和元年8月13日

越前市では平成27年度から、庁内に「IJU(移住)課」を設けています。

 

同課はIJUターンした若手職員で組織し、市の行政組織には含まれない部署として自由な発想で、イベントの開催や情報発信を通して定住促進に取り組んでいます。

 

同様に福井銀行武生支店も平成27年度から「IJU(移住)課」を設け、両課が交流しながら取組みを進めています。

 

8月5日は私と福井銀行の林頭取が出席し、両課の令和元年度のメンバーへ委嘱状を交付するとともに、平成30年度の活動報告を行いました。

 

「IJU(移住)課」の若手職員の活動展開により、IJUターンの支援と定住化の促進が図られることを期待しています。

委嘱状交付

委嘱状の交付

集合写真

IJU(移住)課の集合写真

 


市子ども・子育て支援計画(第2次)案の答申  令和元年8月5日

「市子ども・子育て会議」から1日に、「市子ども・子育て支援計画(第2次)案」の答申が行われました。

 

市子ども条例の趣旨に沿い、子どもの成長と自立への支援を目指し、子ども・子育てに関する施策を推進するため、仁愛大学教授の石川昭義会長をはじめ23人の委員の皆様が昨年9月から5回にわたって審議を重ね、取りまとめて頂いたものです。

 

基本理念を「一人ひとりの子どもの成長と自立への支援」とし、計画期間は令和元年度から6年度で、「市子ども・子育て支援事業計画」と「市ひとり親家庭自立支援計画」との一体化を図っています。

 

特に強化すべき課題として、➀待機児童解消に向けた対策、➁外国籍児童の教育・保育環境の整備、➂子どもの貧困や虐待への対策を掲げており、教育・保育の利用状況及び子育て支援に関するニーズ調査結果等により、令和6年度までの利用量の見込みを行い、就学前教育・保育の確保対策と地域子ども・子育て支援事業に取り組むとしています。

 

計画案を着実に推進し、「一人ひとりの子どもの成長と自立への支援」を図ってまいります。

子ども子育て支援計画

市子ども・子育て支援計画(第2次)案の答申

 


 

このページの表現について評価をお願いします。

ありがとうございました。

情報発信元

総務部 秘書広報課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)